海岸通り

アトピー性皮膚炎の治療から16年後の今の様子

保湿、シャワー、食べ物にも影響がある

スポンサーリンク

アトピーの改善は保湿、シャワー、食べ物へ気配りがいる

脂っこいものは注意

脂っこいものはできるだけ食べないこれも重要

脂っこいものはできるだけ食べないこれも重要だと思います。受診した時に教わりました。 特に動物性脂肪の採りすぎは大敵です。
どうしても食べなくてはならないときは しっかりと野菜をとってください。でも野菜をとったら大丈夫ということではありません。
魚の「いわし」も アトピーの方にはあまりよくありません。 もっと明示的にご案内したいのですがインターネットの公の場ということもあり商品のイメージを損なってはいけませんのでこれくらいにしておきます。

アトピーの方は できるだけ脂っこいものは避けてください。 なぜアトピーにいけないのかは丹羽先生の本をお読みになるとわかります。
食べる物も 非常に大事と考えます。花を持った小熊

皮膚を清潔にするためにも毎日のシャワー

シャワーも大事だったと思います。
ここでシャワーは皮膚に水分を吸収させるのに大事な役目をしていると認識しています。(私はお医者さんではありません)

シャワーで大事なことは石鹸を使わなかったことです。アトピー用の石鹸でも子供の場合はよくありませんでした。
夏場は汚れた部分にだけ最低限のアトピー用の石鹸で軽く洗う感じで、特に頭を洗うときもアトピー用の石鹸を使うことは少なく、使ったときは石鹸が体を流れないように注意していました。 冬場は 一週間も石鹸を使わないときもありました。
石鹸の使用を必要最低限してから ますますよくなってきた気がします。 シャワー後 皮膚を押さえるように拭いてやると それはそれは気持ちよさそうに生き生きとした顔になっていました。皮膚もしっかりと潤ってるの分かりました。 アトピーがでてるときは軟膏を、でてない時はワセリンを薄く塗って保湿してやりました。 これは お金もかからず 効果があったように思えます。

保湿をする|シャワーを浴びたら保湿です。

シャワーを浴びたら保湿です。これも重要だと思います。
子供は確か夏でも長袖を着させて寝かせました。時には病院で頂いた軟膏や近所で購入したワセリンを薄く塗って包帯で包むということもしました。
アトピーは加湿(かしつ)と保湿の両方が大事だと考えます。 保湿も忘れないで下さいね。
▲これは最低で六ヶ月位は続けてみてください。効果があれば幸いです。

※特に効果的だったことを書かせていただきました。どうぞお大事に。

健康

Posted by arys